2020/07/08 20:36

数人のVaperが集まって立ち上がった新規メーカー

BP MODSからPioneerRTAがドクべにもやってきます!

特徴は

・どんなMODにも似合ってしまうビジュアル

・タンクやドリチ、エアフローなどのオプションが初めから豊富についてくる

・驚きの価格帯

 

まとめるとこんなところでしょうか。

これからもう少し掘り下げて書いていきます!

ビジュアル

トップにもありますが、改めてビジュアルを

最高にカッコイイ

上部に細かく掘られたフィン、さらっとしたサンドブラスト仕上げ
下部に設けられたタンクと、目立ちづらいスマートなエアホール

どんなMODにも合わせやすい高さになっているのもGood

カラー展開はSSとDLC(BLACK)の2種
✔DLCコーティングとは?
Diamond-Like Carbonの略で、炭素や水素などで構成された、ナノレベルの薄膜を金属表面にコーティングすることです。
身近なものでカミソリから、車やバイクのパーツにも使われている技術です。

海外から購入されたお客様のブラックのものをお借りしたので
細かく紹介していきます!

ご協力いただきありがとうございます!!

構造

ドリップチップは510規格

シンプルなストレート状で、純正では珍しいピーク材を使用
ピークの部分はスクリューで外せるようになっております。

これについては後ほどご紹介!

リキッドチャージはトップフィル

半周ほど回すと上に取れます。
リキッドの挿入口も広く、様々なボトルに対応

デッキへのアクセスはタンク下部を回して外して行います。

デッキはシンプルなボトムエアフローの2ポスト式

エアフローのピンは簡単に交換可能で、初期では1.0mmのもの
箱の中には1.2mm1.5mmのものが付属しております。



MTLは1.0、MTLもしくは重めのDLは1.2、DLは1.5がおすすめです。

コットンは左右の溝をしっかりと埋めてあげて、エアフローにかかっていなければ漏れる心配もないのかなと思える構造に
しかし、ジュースが入ってくる最初の隙間は大きくはないので、リキッドの粘度や吸い方によてコットンを空いたりして調整してみてください。

また、エアホールも無段階と、穴の数で重さを変更できるものの2種類あります!

豊富なカスタムパーツ

これ、アトマイザーを買うとこんなについてくるんですよ

やばくないですか???

オレンジ色の箱にはエアフローピン、予備Oリングが

タンク2種、ドリチの先端パーツ2種が入っています

純正でもかっこいいのに、さらに自分好みにカスタムできちゃいます

ドリップチップは先ほど書いた通りスクリューで付け外し

タンクもスクリューで付け外しです

例えばウルテムのセットにすると

かっこよくない?????

クリアのセットにすると

美しくない?????

これが僕の予想をはるかに下回る価格帯で登場なんです、、、

販売開始日と値段

お値段は
SS/¥8,800
DLC/¥9,300
各、税込み価格となっております!
クオリティー、付属アイテムを考慮すると、とてもコスパのいいアトマイザーです。

販売開始日時は
オンラインストア7月10日(金)10:00~
店頭7月10日(金)12:00~
です。